半分ネタブログです。頑張って2記事/日を目指してます。 モバゲータウンに紹介して欲しい方、どの日記でも結構ですので、気軽に声をかけてくださいな
ツール | スレ | 未分類 | ようつべ | 音楽 | 日記 | 写真 | バトン | 学校 | ブログ | 動物 | 植物 | その他 | ニュース | モブログ | にこにこ | 
RSSフィード
題名のあるブログ
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
FC2カウンター
星が見える名言集100
プロフィール

ズリョバ

Author:ズリョバ
17歳の高校3年生。
クラシック音楽大好き人間です。最近は洋楽に凝ってます。
NIKONのD50買いました。
「徒然日記」なる写真ブログやってるのでそちらもみてください。リンクから行けます。

バロメーター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
さめがめ
最近のトラックバック
リバーシ
四季の花時計
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.04.21 Sat
手を染め足を洗う
Q 「手を染める」のに「足を洗う」のはなぜ?

「手を染める」のに「足を洗う」のはなぜ?

悪いことなんかをはじめる事を「手を染める」と言いますよね。
ですが、それをやめるときは「足を洗う」と良く言われます。
なぜ、手を染めたのに足を洗うのでしょうか?
いつも疑問に思ってます。
誰か知ってる方がいたら、教えてください。


A 「手を染める」の語源は、「一度染色屋という商売を始めると、その手は一生元に戻らない」ということからという説があります。
ただ、「染める」ではなく「初める」が元々の意味だというのが有力な説で、「手を初める」が当初の表現で、新しい事とりわけ商売などに着手するというのが元来の意味合いだったようです。
一方、「足を洗う」の語源は、仏教で裸足で修行に歩いた僧は寺に帰って泥足を洗うことで俗界の煩悩を洗い清めて仏業に入ったことから悪い行いをやめる意味に転じました。

つまり、染物と修行僧という別の事柄が語源になっているために手と足になってしまったのでしょう。
ちなみに、中国では「手を染める」「手を洗う」という表現をするそうです。


ソース:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010926640



俺も最近疑問におもっていました。いやー、日本語って奥が深い。
スポンサーサイト

ニュース    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://ouhei10.blog83.fc2.com/tb.php/223-e3e98162

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。