半分ネタブログです。頑張って2記事/日を目指してます。 モバゲータウンに紹介して欲しい方、どの日記でも結構ですので、気軽に声をかけてくださいな
ツール | スレ | 未分類 | ようつべ | 音楽 | 日記 | 写真 | バトン | 学校 | ブログ | 動物 | 植物 | その他 | ニュース | モブログ | にこにこ | 
RSSフィード
題名のあるブログ
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
FC2カウンター
星が見える名言集100
プロフィール

ズリョバ

Author:ズリョバ
17歳の高校3年生。
クラシック音楽大好き人間です。最近は洋楽に凝ってます。
NIKONのD50買いました。
「徒然日記」なる写真ブログやってるのでそちらもみてください。リンクから行けます。

バロメーター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
さめがめ
最近のトラックバック
リバーシ
四季の花時計
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.11.01 Thu
防衛省がガンダム開発!

【防衛省技術研究本部】は10月29日までに、11月7日と8日に東京新宿のホテルグランド市ヶ谷で開催される「平成19年度研究発表会~防衛技術シンポジウム2007~」の概要を発表した(【発表ページ】)。防衛省が現在開発している数々の兵装や技術に関するお披露目の場ということだが、その展示品目の中に「陸上装備」カテゴリーとして「ガンダムの実現に向けて(先進個人装備システム)」という表記があることが明らかになった。

これは公表資料中の【研究発表会プログラム(PDF)】に記載されていたもの。プログラムでは発表会内の各会場における詳細なスケジュールと共に、展示コーナーでの展示品目の一覧が掲載されている。その中の陸上装備部分に「ガンダムの実現に向けて(先進個人装備システム)」が表記されている。公開資料ではテキストのみで、具体的にどのような展示物があるのかは分からない。

展示セッション部分に「ガンダムの実現に向けて」の表記(赤丸は当方で追加)
カッコ内の説明書きに「先進個人装備システム」とあることから、大型モビルスーツというよりは個人装着用のパワードスーツの発展型として、誰にでも一発で分かる「ガンダム」という表現を用いたのだと思われる。しかし周囲には「新戦車・新架橋・高精度化弾薬システム」だの「小型ロボット」だの「次期固定翼哨戒機・次期輸送機模型」などの文字が並ぶ中で「ガンダム」の文字を見かけるとは思いもよらなかった……という人は多いことだろう。

ガンダムといえば同じ研究発表会で、弾道評価関連技術(要するに弾道ミサイルから日本を守るために開発されている装備の技術)の一つとして「弾道ミサイル防衛用誘導弾主要構成要素(DACS:Divert and Attitude Control System)の研究試作の成果及び新弾道ミサイル防衛用誘導弾の概要」というものが発表される予定だが、こちらも気になる装備の一つ。

DACSを用いた新弾道ミサイル防衛用誘導弾の概要
【この要綱書(PDF)】や【最新公開資料】を見る限りでは、(ミノフスキー粒子は使っていないし重力圏内での運用ではあるが)「Zガンダム」から登場しているファンネル(小型無線式のオールレンジ攻撃用兵器)にコンセプトがかなり似ている。もちろんファンネルが攻撃兵器であるのに対し、DACSを用いた装備は新弾道ミサイル防衛用誘導弾という「防衛・防御装備」であり、性格はまったく正反対のもの(さらにファンネルはビーム砲を搭載しているが、防衛用誘導弾は体当たりで敵弾道ミサイルを破壊する)。

科学者たちの少なからずの人たちは、かの「鉄腕アトム」の実現を夢見ているという話を聞いたことがある。また「ドラえもん」を現実のものにしたいという考えを持つ人も多く、例えば【バンダイ(7832)】では2010年までに出来る範囲で作り上げようと「Real Dream Doraemon Project」を推進している。

漫画や映画、小説などの空想上の産物はリアリティを出すために、多かれ少なかれ現実の延長上の技術や可能性の高い未来的なアイディアを取り入れている。また、「こうなったらいいな」という発想も盛り込まれていることが多い。それらの「想い」が技術開発の上で参考にされ、あるいは気が付けばいつの間にか同じ道を歩んでいた、ということもあるのだろう。

実際に陸上自衛隊が本気でガンダムそのものの装備を想定しているわけではないだろうが、果たしてどのような装備を模索しているのか。興味深い話ではある。

ソース:http://www.gamenews.ne.jp/archives/2007/10/post_2793.html




ノートPCやら木像やらケータイやら、ガンダムネタの商品は尽きませんが・・・今度は防衛省技術研究本部が「ガンダム」の研究開発を行っているそうです。

11月7~8日に行われる「平成19年度研究発表会~防衛技術シンポジウム2007~」では、防衛省が現在開発している数々の兵装や技術に関する発表があるそうなのですが、展示品目の「陸上装備」の一つに

「ガンダムの実現に向けて(先進個人装備システム)」

という表記が!!!

※研究発表会プログラム(PDF)より

このニュースを取り上げているGarbagenews.comによると

カッコ内の説明書きに「先進個人装備システム」とあることから、大型モビルスーツというよりは個人装着用のパワードスーツの発展型として、誰にでも一発で分かる「ガンダム」という表現を用いたのだと思われる。
1959年に発表されたSF小説『宇宙の戦士』に登場するパワードスーツが『機動戦士ガンダム』のモビルスーツにヒントを与えたという事実を考えれば、今回の研究はまずガンダムの原点からおさえていこうという取り組みかもしれません。

Wikipediaによると、同SF小説における「パワードスーツ」とは

重装甲・重武装と倍力機能を持った架空の強化防護服の呼称で、歩兵に「ゴリラも容易く倒せる怪力」と「戦車並の装甲」と「戦闘車両並の重武装」と「小型宇宙船並の環境適応力」と「戦闘ヘリ以上の機動力」を持たせた装備である。最大の特徴は「マスター・スレイブ方式」、即ち着用した人間の動きをそのままフィードバックして動かせる点であり、パワードスーツと搭乗・操縦型の人型兵器の決定的な違いとなっている。
「マスター・スレイブ方式」を基礎としたパワードスーツは、すでに医学分野でも研究開発が進んでいる分野ですね。そう考えると、軍事分野での研究開発というのも突飛な発想ではない気がします。

・・・とか言ってるうちに、本当のガンダムができちゃってたりして。

ソース:http://room119.air-nifty.com/natural/2007/10/post_05d6.html


3やはり日本で国防するとなると、どうしてもガンダムが必要になるわけです。

その辺の空気を充分読んでいる防衛省は、現在ガンダムを作ってるらしいとのこと。
上の資料は、11月7日から2日間にわたって防衛省技術研究本部が行う「平成19年度研究発表会~防衛技術シンポジウム2007~」に実際に載っていたものです。確かに「ガンダムの実現に向けて」と書いてあります。

「ガンダムの実現に向けて」の後ろに(先進個人装備システム)とありますねえ。巨大ロボというよりも、むしろボトムズ、モスピーダ、メガゾーン23、スパイダーマン2のオクタビアスのような パワードスーツ 系なのでしょうか?
パワードスーツなら、既に医療分野やアカデミックな研究で実現されつつありますものね。いろいろと楽しみな世の中になってきました。

ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071030-00000010-giz-ent



日本ハジマタ\(^o^)/
スポンサーサイト

ニュース    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://ouhei10.blog83.fc2.com/tb.php/613-8d646239
宇宙医学宇宙医学(うちゅういがく)とは、宇宙空間で人体を健康に保つための医学である。スペースシャトルや宇宙ステーション内での人為的活動を行なう際に、健康維持の方法を考察する。今後の宇宙開発の重要テーマでもある。かつては、初期のアーサー・C・クラーク|クラー
SFフリーク集合! 2007.11.08 Thu 17:11

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。